東大卒億り人プロジェクト

東大卒のクマが、億り人を目指して仮想通貨を研究するブログ

1/30今日の仮想通貨ニュース!テザー疑惑とは?USDTって?

 はいどうも。

最近仮想通貨に突っ込むために借金を検討しているクマ-さんです。

金利分増やせばなんの問題もない上に、金利以上増やせる見込みも高い、なんなら元手がデカくなるので利益も爆増!

 

借金最高!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!借金したい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

今日は仮想通貨ニュースというより、テザー特集みたいな感じになります。

 

 

apptimes.net

 

テザー社とは、アメリカドル(USD)にペッグされた仮想通貨(USDT)を発行している会社で、仮想通貨取引所の国際的な大手であるBitfinexのグループ会社となります。

f:id:futakada:20180130234536p:plain

アメリカドル(USD)にペッグ、という部分を簡単に説明すると、1ドル=1USDTということになります。したがって、仮想通貨の取引において問題となる「法定通貨の取引所間送金」が行いやすくなる、便利な通貨と言えますね。

 

しかし、1ドル=1USDTという価値は「テザー社に入金された額と同じだけのUSDTが発行される」仕組みによって担保されています。

すなわち、この価格が維持されるためには、常に入金額と同数のUSDTを発行していることが大前提となります。

それはそうですよね。偽札をいくら大量に作ったところで、何の価値も持ちませんからね。

 

 

さて、ここでひとつの疑惑が以前から噂されていました。

btcnews.jp

 

テザー社が発行した大量のUSDTでビットコインを買い支え、ビットコインの価格を異常に釣り上げている(高騰させている)、というものです。

なぜそんなことをするのか?テザー社、およびグループ会社であるBitfinexは、ビットコインの開発を主導するブロックストリーム社から多額の出資を受けており、ビットコインの価格が上昇することは、これら3社にとって大きな利益を生むからである、という主張があります(しかし、真偽のほどは不明です)。

 

なお、これを裏付けるようなレポートも発表されているようです。

jp.cointelegraph.com

 

どれも噂に過ぎず、確たる証拠があるわけではありません。

しかし、これがもし事実であり、USDTの価値が大きく下落するようなことがあれば、USDTによって買い支えられ、担保されていたビットコインの価格も急落することになるでしょう。

実際、最大で80%の下落もあり得るとの試算が出ています。

coinpost.jp

 

いずれにせよ、特定の一組織が価格を操作できてしまう、という状況は、「非中央集権型通貨」という本来の仮想通貨の理念に反するものですね。

 

これまでの経験から、ビットコインが暴落すれば、他のアルトコインも一時的に同調して大きく価格を下げる可能性があります。

今後ビットコイン以外の通貨も成長し、基軸となっていかなければ、仮想通貨そのものが深刻なダメージを負ってしまうかもしれません。

一部では、ビットコインキャッシュ(BCH)やリップル(XRP)など、他の仮想通貨を基軸とした取引所ができつつあるとか。今後の動向に目が離せませんね。

 

 

仮想通貨を買うには、取引所への登録が必要です。

個人的に、次の取引所が安全で使いやすく、オススメです!

 

100倍レバレッジで一発逆転が可能!追証もなし!BitMEX

 

高機能な取引が可能なbitFlyer

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

それでは、良き仮想通貨ライフを!