東大卒億り人プロジェクト

東大卒のクマが、億り人を目指して仮想通貨を研究するブログ

【緊急速報】コインチェックが610億円以上のハッキング被害!?仮想通貨全体も暴落!!

news.yahoo.co.jp

 

あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )

 

大変失礼いたしました。

 

 

この記事をお読みの方はだいたいご存知かと思いますが、このブログでもオススメしていたcoincheckという取引所で、仮想通貨「ネムXEM)」が5.4億XEM、日本円にして約620億円以上も不正に引き出されたことが明らかになりました。

 

このブログから登録された方は今の所いらっしゃらないようなので安心ですが、もし身近に大きな被害に遭われた方がいらっしゃいましたら、まずは優しい言葉をかけて心のケアをしてあげましょう。

 

お金は取り戻せますが、命は一度失ったら二度と取り戻せません。

 

 

起こってしまったことは元に戻せません。したがって、まずは落ち着いて次善の策を考えましょう。

 

こういった場合、たとえ盗難による被害であっても、取引所側は顧客の資産を可能な限り補填する義務を有しています。

インチェックなどの仮想通貨取引所は現在業界全体が盛り上がっており、その利益も相当額におよぶと推測されます。

また、多くの顧客を集めている取引所ですから、他の会社による買収で救済される可能性もありますね。

今後の発表次第ですが、補填の可能性は高いと信じて待つしかないですね。

 

 

そして今回被害に遭わなかった方も、無関係ではありません。

購入した通貨を取引所などネット上に置きっぱなしにしておくのは、セキュリティ上あまりにも無防備です。

必ずハードウェアウォレット、ソフトウェアウォレット等に保管し、サイバー攻撃から身を守る必要があります。

これについては、今後記事にしますのでご参照いただけたらと思います。

 

 

このニュースを受けて、仮想通貨全体の信用が損なわれ、価格が大きく下落しています。

f:id:futakada:20180126234256j:plain

ただし注意したいのは、今回の騒動は仮想通貨そのものにはなんの落ち度もない、ということです。

取引所のセキュリティに問題があり、その結果として盗難被害が発生した、というだけのことです。

マウントゴックス社(Mt. GOX)が同様の被害に遭った時にも暴落が発生しましたが、その後はそれ以上下落せず、比較的短期間で相場が回復した、という声もあります。

 個人的な考えですが、今後相場が回復し、さらに成長していくことは明らかであるように思います。

その際、分散型取引所(DEX)などがさらに普及し、ハッキングに遭うリスクが下がることが必須となるでしょうが、そういったプロジェクトはいくつも始まっていますので、ご安心を。

 

とにもかくにも、今のうちに仕込めるかどうかが、今後の利益を左右するかもしれませんね。

私は昨日全資産を失ったので仕込めませんが…w(カードでも使いますかね…)

 

今後も動向を注視していきましょう。

 

【追記】

インチェックではマルチシグというセキュリティシステムをNEMに導入していなかったようです。 

マルチシグとは、パスワードを複数に分散して管理することで、ハッキングのリスクを下げる方法です。

簡単に言えば、鍵を複数の人が別々に持っていて、それらを一緒にしようしないと解錠しない、といったところでしょうか。

この仕組みだと、ハッカー側は全ての鍵を集める必要があるので、盗難リスクがぐっと下がりますよね。

 

取引所にとって、今後こうしたセキュリティ対策は必須となっていくかと思われます。

 

 

仮想通貨を買うには、取引所への登録が必要です。

個人的に、次の取引所が安全で使いやすく、オススメです!

 

高機能な取引が可能なbitFlyer

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

それでは、良き仮想通貨ライフを!